全国骨髄バンク推進連絡協議会
 

文字サイズ拡大縮小
HOME全国骨髄バンク推進協議会全国骨髄バンク推進連絡協議会の歩み

全国骨髄バンク推進連絡協議会の歩み-日本骨髄バンクとともに-

全国骨髄バンク推進連絡協議会の発足から現在までの歩みです。

全国協議会と骨髄バンク等のあゆみ
1987年12月 全国骨髄バンクを進める会(旧協議会の前身)が発足
1988年2月 進める会が第1回骨髄バンクシンポジウムを開催
1988年5月 国会で骨髄バンク設立に関して初の質問
1989年3月 全国骨髄バンク推進連絡協議会(旧協議会)に改称
1989年8月 第1回全国骨髄バンク運動代表者会議を開催
1989年10月 名古屋で民間の東海骨髄バンク発足
1989年11月 参院予算委で厚生大臣が骨髄バンク設立を検討と答弁
1990年1月 厚生省が骨髄移植の評価に関する研究班を設置
1990年6月 13団体の加盟による全国骨髄バンク推進連絡協議会が新組織で発足
厚生省が骨髄バンクのあり方に関する研究班を設置
1991年9月 全国協議会代表者会議に厚生省が出席してボランティアに協力を要請
1991年12月 厚生省が骨髄移植推進財団を認可し公的骨髄バンク事業を開始
1992年1月 日本骨髄バンクがドナー登録受付を開始
1992年2月 全国協議会と財団の共催で骨髄バンク事業開始記念シンポジウムを開催
1992年6月 日本骨髄バンクが骨髄移植希望患者の登録受付開始
1993年1月 日本骨髄バンクによる第1例目の非血縁者間骨髄移植を実施
1994年5月 骨髄移植医療体制の拡充と整備を求めて国会に170万人の署名を提出
1994年10月 是国の保健所でドナー登録受付を開始し拡大へ
1995年9月 全国協議会が佐藤きち子患者支援基金の基金給付申請受付を開始
1996年7月 全国協議会が白血病フリーダイヤルで電話相談を開始
1996年8月 全国協議会、米国・台湾・韓国から代表を招き国際フォーラム開催
1996年9月 全国協議会が全米骨髄バンク年次総会に初めての代表を派遣
1997年1月 日本骨髄バンクで非血縁者間移植1000例を突破
1997年4月 日本骨髄バンクがアメリカと台湾の骨髄バンクと提携協力を開始
1997年5月 全国協議会が全国ボランティア大会(新潟)でドナー登録目標30万人を宣言
1998年8月 日本骨髄バンクのドナー登録者10万人を突破
1998年9月 海部幸世会長ら代表団を全米骨髄バンク年次総会に派遣
1999年7月 骨髄バンク全国キャラバン、釧路と那覇を同時スタート
1999年8月 日本さい帯血バンクネットワーク発足
患者家族向け小冊子「白血病と言われたら」(初版)発行
1999年9月 全国キャラバンが全都道府県を走破し東京でゴールイベント
2000年5月 全国協議会が任意団体からNPO法人に
2000年6月 全国協議会設立10周年記念大会を東京で開催
2002年9月 日本さい帯血バンクNW設立3周年記念大会開催
2003年6月 非血縁者間さい帯血移植1000例突破
2003年8月 日本骨髄バンクで移植5000例到達
2003年9月 冊子「白血病と言われたら」(増補改訂版−2)発行