全国骨髄バンク推進連絡協議会
 

文字サイズ拡大縮小
HOME情報誌骨髄バンク情報誌骨髄バンク6号

帆情報誌 骨髄バンク

全国骨髄バンク推進連絡協議会ではオピニオン情報誌として情報誌「骨髄バンク」を発行しています。

骨髄バンク 第6号

全国骨髄バンク推進連絡協議会
2000年3月15日発行 120ページ(B5版)
売価:500円(完売)

 

オピニオン情報誌「骨髄バンク」第6号が3月15日に発行されました。第6号は、「臨界事故と被曝医療」や「全国キャラバン」の特集のほか、「無菌室を使わない骨髄移植」など、興味深い記事が満載です。 ぜひ多くの方にお読みいただきたいと思います。

 

第6号はこちらからダウンロードできます。

(PDF)

 

PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。

 
情報誌骨髄バンク6号 目次
特集! 臨界事故と被曝医療
「バケツとウラン」で何が起きたか 運営委員長 野村正満
放射線と放射線被曝の基礎知識 東工大教授 鈴木正昭
被曝治療の神話 都立府中病院 幸道秀樹
臨界事故と骨髄バンクの問題点 運営委員長 野村正満
患者の手記
セレッソと骨髄バンクと私(絶筆)   原田侑佳
全国キャラバン
ドナー号の軌跡 続木敏博(at釧路 7/18〜)・武田重幸(at札幌 7/20〜)・矢嶋 翼(at苫小牧 7/22)・菅 早苗(at秋田 7/27〜)・小野寺南波子(at山形 8/1〜)・小島宗三(at宮城 8/3〜)・吉田孝行(at福島 8/6〜)・川又貴子(at栃木 8/9〜)・円東克典(at千葉 8/13〜)・笠原慶一(at埼玉 8/16〜)・小出茂種(at群馬 8/19〜)・金子和子(at新潟 8/21〜)・油野千里(at富山 8/24〜)・和田真由美(at石川 8/27〜)・中津和美(at京都 9/2〜)・牛尼瑞香(at滋賀 9/5〜)・田中重勝(at岐阜 9/8〜)・斎藤よしみ(at長野 9/11〜)・深沢 肇(at山梨 9/14)・二見茂男(at東京 9/15〜18)
走れ! レシピエント号 上江洲富夫(at沖縄 7/18〜)・牧薗次男(at鹿児島 7/21〜)・坂田浩章(at熊本 7/27〜)・猶 克実(at山口 8/5〜)・北川尚仁(at島根 8/10〜)・坂本博昭(at鳥取 8/13〜)・妹尾正雄(at岡山 8/15〜)・高橋 基(at愛媛 8/19〜)・宮地健三(at高知 8/22〜8/25)・澤山 昇(at兵庫 8/27〜)・貴志政人(at和歌山 9/1〜)・山村詔一郎(at奈良 9/2〜)・錦 克宏(at三重 9/4〜)・加藤徳男(at愛知 9/6〜)・築地則子(at静岡 9/10〜)・宮治世之紀(at神奈川 9/13〜)・二見茂男(at東京 9/15〜)
レシピエント号に乗ったレシピエント   孕石 弘
ドナー号に乗ったドナー   山中ひろみ
キャラバンの舞台裏 実行委員長 荒木俊司
骨髄バンク最新医療情報
無菌室を使わない骨髄移植 国立がんセンター 峯石 真
骨髄提供者の手記
早く採取して、病人らしくなりたい 宮城 臼井久美
2人の息子と体験した海外への提供 鳥取 荒濱健太郎
NMDP年次総会参加報告
鈴木章さんの遺作展 全国協議会事務局 中谷康一
私と骨髄バンク運動
ペン太、しかと見ておいて 千葉 山本順子
骨髄バンクへのわが思い 三重 海住康之
患者向け小冊子「白血病と言われたら」発行顛末記
『もしもし……』から始まって 運営委員 村上順子
全国協議会の新しい仲間
血液センターとの関係 沖縄 上江洲富夫
震災の地にあって 神戸 伴 智代
これからも“命の掛け橋”に 山梨 鈴木幹夫
「かごしま骨髄バンク推進連絡会議」です 鹿児島 牧薗次男
旅だった夫の恩を 岡山 原田早苗
■表紙・原田維夫(版画・デザイン)
▲ページの先頭へ