全国骨髄バンク推進連絡協議会
 

文字サイズ拡大縮小
HOME骨髄バンク骨髄移植とは?

骨髄バンク 骨髄移植とは?

このページでは
骨髄移植、骨髄バンクについての説明をいたします。


・骨髄(こつずい)は脊髄(せきずい)とは関係ありません。
・日本では毎年新たに約6000人もの重い血液難病の患者さんが発病します。
・そのうち、約2000人が骨髄移植による治療を望んでいます。

 

骨髄は「血液をつくる工場」です。

 

パイプ状になった骨の中空部分にゼリー状の骨髄液がつまっています。 ここに赤血球や白血球などを造る造血幹細胞があります。

 

血液疾患

 

骨髄に異常がおきると、血液の病気になります。
機能低下→再生不良性貧血など、ガン化→白血病など

 

骨髄移植

 

病気になった骨髄液を健康な人から骨髄液を提供してもらって入れ替えます。これを骨髄移植といいます。

 

▲ページの先頭へ