ドナー・患者サポート

ドナー助成制度について

白血病を始めとする血液疾患の治療のため造血細胞移植を必要とする患者さんがおられます。
 ご家族の中にドナーが見つからず、日本骨髄バンクへ移植を希望する患者さんとして登録している患者さんは3,000人以上いらっしゃいます。一人でも多くの患者さんを救う為には、登録ドナー約49万人の中から選ばれたドナーさんが休暇取得など提供しやすい社会環境を整えることも大切です。
 そのために地方自治体では「ドナー助成制度」を導入し、患者さんを救う為に尽力してくださっています。

 ドナー助成制度を導入している自治体の内容一例
      ●対象者
        ①骨髄を提供したドナー
        ②①の従業員に特別休暇(ドナー休暇)を与えた事業所等
      ●助成金の額
        ①ドナー:入院1日当たり20,000円(7日間を上限とする)
        ②事業所:入院1日当たり10,000円(7日間を上限とする)

導入されている自治体、団体の一覧は下のリンクでご覧ください。制度の内容は各自治体や団体によって異なりますのでご確認ください。

提供ドナーへ助成を行っている地方自治体・民間団体一覧
(日本骨髄バンクのサイトに移行します)


  • 白血病フリーダイヤル
  • 白血病と言われたら
  • 佐藤きち子基金
  • 志村大輔基金
  • こうのとりマリーン基金
  • ドナーサポートダイヤル
  • 募金協力のお願い
  • 全国協議会ニュース
  • 関連リンク
  • 骨髄バンク資料請求
  • ブログボタン