いのちの輝き展

MAMOのメッセージ展

 白血病のために17歳という若さでこの世を去った小野寺 守君が、闘病中に病床で描き綴り苦痛を吐き出し、自らを励まし続けた心のメッセージです。
貼り出されたメッセージは、他の患者さんや医療スタッフの心の支えにもなったという事がうなずける「生きる」事に前向きな力強さに溢れています。
 あなたの心にもきっと響く感動のメッセージを、どうぞご覧下さい。

MAMOのメッセージを見る


小野寺 守君の軌跡
1975年 8月 山形県上山市にて誕生
1990年 5月 山形市立病院済生館にて急性白血病と診断
    東北大学付属病院へ転院
11月 山形市総合スポーツセンターでの長渕剛
    コンサートへ。長渕さんより頑張れのメッセージと
    写真撮影
11月30日 退院
1991年 3月 山形市立第三中学校卒業 
4月 東海大学山形高等学校へ入学
4月12日 学校で倒れる。中枢神経性白血病。
      山形市立病院済生館に入院
1991年  5月 東北大学付属病院第三内科に転院
10月 山形県立東高等学校通信課程に転校
11月 再発、山形市立病院済生館に入院
1992年 2月 東北大学付属病院へ転院
3月 「by まも のメッセージ」始める
6月 再発
6月30日 「by まも のメッセージ」終了
8月 再発
8月25日 17歳の誕生日
9月 ターミナルケア始まる
10月 永眠(17歳と40日)

  • 白血病フリーダイヤル
  • 白血病と言われたら
  • 佐藤きち子基金
  • 志村大輔基金
  • こうのとりマリーン基金
  • ドナーサポートダイヤル
  • 募金協力のお願い
  • 全国協議会ニュース
  • 関連リンク
  • 骨髄バンク資料請求
  • ブログボタン