全国骨髄バンク推進連絡協議会
 

文字サイズ拡大縮小
HOMEドナー・患者サポート

ドナー・患者サポート

全国骨髄バンク推進連絡協議会では、ドナー・患者サポートとして、以下の支援を行っています。

ドナーサポートダイヤル

骨髄バンクのドナー(希望者・登録者・候補者・経験者)が抱える様々な不安や疑問について、全国協議会及び加盟団体の推薦を受けた相談員(ドナー経験者)がお話しを伺い、情報を提供いたします。

ドナーサポートダイヤル

 

ドナーになるってどんなこと?

ドナーサポートダイヤルから、「ドナーになるってどんなこと?」を発行しました。ドナー登録はしたけれど、提供までにはどんなことががあるのだろうか。そんな疑問が少しでも少なくなるお手伝いなればと思い、小冊子を作成しました。
また、提供までの間にご家族や職場の皆様と話し合っていただくためのツールとして「家族&職場編」も新たに作成いたしました。
どちらも無償配布しております。
お問い合わせ・請求はドナーサポートダイヤルまでお願いいたします。

ドナーになるってどんなこと? どなーになるってどんなこと?
家族&職場 編


 

白血病フリーダイヤル

患者さんは、何の予告もなしにある日突然病気になります。それが、これまで不治の病とされてきたような病名だったら、気が動転してしまうのが普通です。でも、気持ちをしっかりとし、果敢に病気と闘っていかなければなりません。しかし、わからないことばかりで、どこの誰に何を相談してよいやら迷うことばかりです。これまで、こうした患者相談を受け付ける公的、恒常的な相談窓口はありませんでした。「白血病フリーダイヤル」はその名の通り、電話料金が無料の相談窓口です。 週に一度ではありますが毎週窓口を開いています。

白血病フリーダイヤル

 

白血病と言われたら

病気初期の患者さん・家族の皆さん向けに全国協議会ではハンドブック「改訂版 白血病と言われたら」を発行いたしました。

白血病と言われたら

 

佐藤きち子患者支援基金

「このお金を骨髄移植を望みながら経済的な理由で移植できない患者のために使ってください」との言葉を遺されて、佐藤きち子さんは私たちに300万円を寄付され、その2日後に心臓発作のため平成7年(1995年)5月他界されました。「佐藤きち子患者支援基金」は亡くなられた佐藤さんの遺志を受け、多くの皆様のご協力を得ながら運営されるものです。この基金により、多くの患者に生きるチャンスが与えられることを希望します。

佐藤きち子患者支援基金

 

▲ページの先頭へ