bank

骨髄バンク(血液疾患と骨髄バンク)

日本では毎年新たに約10,000人もの重い血液難病の患者さんが発病します。そのうち約3,000人が骨髄移植による治療を望んでいます。

骨髄(こつずい)は「血液をつくる工場」です。

img_marrow00-01.gifパイプ状になった骨の中には、ゼリー状の骨髄液がつまっています。
ここに赤血球や白血球などを造る造血幹細胞があります。
(※骨髄と脊髄(せきずい)とは関係ありません)

血液疾患とは・・・

img_marrow00-02.gif骨髄に異常がおきると骨髄の病気になります。

  • 血液をつくる細胞の機能低下➡血液成分の減少➡再生不良性貧血
  • 血液をつくる細胞の異常➡がん化した血液細胞の増加➡白血病

妊孕性温存(にんようせいおんぞん)

白血病の治療では骨髄移植や抗がん剤などにより、卵巣や精巣などにダメージを受け、将来子どもを持つ事が困難になります。妊孕性温存の必要性についてご説明しています。

妊孕性温存の詳細を見る

骨髄移植とは・・・

患者さん病気になった「血液をつくる工場」のもとを、健康な人から骨髄液を提供してもらい、「血液をつくる工場」を入れ替えます。これを骨髄移植といいます。
img_marrow00-03.gif

骨髄移植のしくみを見る